jQuery 配列の先頭・末尾・好きな位置に値を追加する方法

jQuery 配列の先頭・末尾・好きな位置に値を追加する方法
この記事は約2分で読めます。
広告

jQueryで配列に値を追加する方法は、先頭、末尾、自由な場所と様々あるので
1つづつ見て行きましょう!

配列の末尾に値を追加する「.push()」

let array = [1,2,3];

array.push(4);
// 追加後の配列「array」の中身は1,2,3,4になります

配列の先頭に値を追加する「.unshift()」

let array = [1,2,3,4];

array.unshift(5);
// 追加後の配列「array」の中身は5,1,2,3,4になります

配列の好きな位置に値を追加する「.splice()」

let array = [5,1,2,3,4];

// 3つ目に「あ」を追加
array.splice(3,0,"あ");
// 追加後の配列「array」の中身は5,1,2,あ,3,4になります

// 3つ目の「あ」を消して「うん」を追加
array.splice(3,1,"うん");
// 追加後の配列「array」の中身は5,1,2,うん,3,4になります

// 今ある配列の中身を全て消して「わ、を、ん」を追加
array.splice(0,6,"わ","を","ん");
// 追加後の配列「array」の中身は「わ,を,ん」になります

末尾に値を追加する「.push()」や、先頭に追加する「.unshift()」は理解しやすいけど、この好きな位置に追加する「.splice()」はちょっと分かりにくいので説明を。

「.splice()」には、値を入れる場所が3つ有ります。

.splice(追加する場所, 削除する数, 追加する値);

1つ目の「追加する場所」は、配列のゼロ番目からスタートした位置を数値で指定。
2つ目の「削除する数」は、削除する値が無ければ「0」。ある場合は「1」以上の数値を指定。
3つ目の「追加する値」は、配列に追加する値を指定。複数ある場合は「,ハンマーカンマー」区切りで指定します。

ちょっと難しいけど、配列にしておくとデータや値がものすごく扱いやすくなり再利用性が高くなるのでぜひ役立てたいです。

エンデ・バタローをフォローする
javascriptjQuery

東京に住み始めて7年目。

前は神戸に。その前は名古屋に住んでいました。

ある年の冬、車で島根県へ旅行に出かけました。
同県の山中にある寒村をゆるゆると走っていると地面が凍結しており
車ごと川に滑り落ちそうになった経験を持つ30代(男)です。

フロントエンドを始めて7年目になります。
エディタはAtomからVSCodeに乗り換え、日々の業務でイラレとフォトショ、HTMLとCSSとjavascriptとphpを使用してます。
仕事をしていて、検索する手間を省くためフロント技術ブログを書いています。

エンデ・バタローをフォローする
シェアする
広告
初めてのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました