jQueryで後ろからn番目を取得する方法

javascript
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

jQueryを使って後ろからn番目は取得方法が無いのでCSSの「:nth-last-child(n)」を利用して指定します。

疑似クラスで最初、最後、n番目や奇数、偶数を指定|CSS

jQuery

// 取得したい要素と数字
var list = $(".demo li:nth-last-child(3)");

// 「listTxt」のテキストをアラート
alert(list.text());

上の「取得したい要素(.demo li)と数字(3)」を書き換えて自由にお使いください。
アラートの処理も必要ないので消しちゃってくださいね!
それではデモを踏まえて説明します。

DEMO

ボタンを押すとリストの後ろから

番目のテキストがアラートします。

  • りすと・いち
  • に~
  • さん
  • よん
  • ご~
ボタン

デモでは、セレクトの値を取得して、取得した数字を「:nth-last-child(n)」に入れています。
こうすると後ろからn番目の取得が簡単にできました。

SNSフォローボタン
エンデ・バタローをフォローする
javascriptjQueryサイト制作

東京に住み始めて4年目。

前は神戸に。その前は名古屋に住んでいました。

ある年の冬、車で島根県へ旅行に出かけました。
同県の山中にある寒村をゆるゆると走っていると地面が凍結しており
車ごと川に滑り落ちそうになった経験を持つ30才(男)です。

フロントエンドを始めて4年目になります。
エディタはAtomを利用して、日々の業務でイラレとフォトショ、HTMLとCSSとjavascriptとphpを使用してます。
仕事をしていて、検索する手間を省くためフロント技術ブログを書いています。

エンデ・バタローをフォローする
シェアする
スポンサーリンク
初めてのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました