【javascript】コピペで簡単にスライドショーを設置する方法【Swiper.js】

コピペで簡単にスライドショーを設置する方法【Swiper.js】
この記事は約3分で読めます。
広告

自力でスライダーを設置するのは簡単だが、スライダーの「当たり前」機能を付けるのがすごい手間だったりする。
「レスポンシブ対応」や「スワイプやマウスオーバーでの操作」、「スライドの数が増えた時のスクリプト、スタイルの修正」、「Next,Prevボタンの挙動」、「スライド数と現在のスライド位置を表示する●の設置」などなど、スライダーを作るだけでひとつのサイトを作るくらいの手間がかかる。
そんな手間と時間を一気に解消してくれるのがSwiper.js

DEMO

すごい。
「当たり前」の機能を全てカバーできてるから、すごい。
Swiper.jsの利用方法は簡単。
まず、ここからSwiper.jsのパッケージをダウンロードして、ダウンロードした中の・・・うわぁ~なんかいっぱい入ってる。
その中の、「package」→「css」→「swiper.css」をデスクトップに、あともう一つダウンロードしたフォルダの先頭に戻って、「package」→「js」→「swper.js」をデスクトップに落としてその2つを利用してください。
次にHTMLのheadに、そのファイルのリンクを記述して準備できた。

<head>
 <link rel='stylesheet' type='text/css'  href='swiper.css' />
 <script src='swiper.js'></script>
</head>

準備ができたらスライダーの中身のHTMLを記述。

<div class="swiper-container">
 <div class="swiper-wrapper">
  <div class="swiper-slide">スライダー1</div>
  <div class="swiper-slide">スライダー2</div>
  <div class="swiper-slide">スライダー3</div>
 </div>
 <div class="swiper-button-prev"></div>
 <div class="swiper-button-next"></div>
 <div class="swiper-pagination"></div>
</div>

さぁ最後に、スライダーの詳細設定を記述して出来上がりだ。
スライダーの詳細設定を書く場所は、HTMLの最後の方。「/body」のすぐ上に書こう。
スライダーの詳細設定は、スライダーのHTMLを読み込んだ後に書かないと機能しないからね!

<script>
 var swiper = new Swiper('.swiper-container', {
  loop: true,
  autoplay: {
   delay: 3000,
   disableOnInteraction: true
  },
  pagination: {
   el: '.swiper-pagination',
   type: 'bullets',
   clickable: true,
  },
  navigation: {
   nextEl: '.swiper-button-next',
   prevEl: '.swiper-button-prev',
  }
 });
</script>

これで「当たり前」の機能を全てカバーしたスライダーが出来上がりました。

エンデ・バタローをフォローする
javascript

東京に住み始めて7年目。

前は神戸に。その前は名古屋に住んでいました。

ある年の冬、車で島根県へ旅行に出かけました。
同県の山中にある寒村をゆるゆると走っていると地面が凍結しており
車ごと川に滑り落ちそうになった経験を持つ30代(男)です。

フロントエンドを始めて7年目になります。
エディタはAtomからVSCodeに乗り換え、日々の業務でイラレとフォトショ、HTMLとCSSとjavascriptとphpを使用してます。
仕事をしていて、検索する手間を省くためフロント技術ブログを書いています。

エンデ・バタローをフォローする
シェアする
広告
初めてのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました