CSSで高さの違う横並び要素を上揃えで配置する方法

CSSで高さの違う横並び要素を上揃えで配置する方法 CSS
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

「display:inline-block」を使って横並びにした要素の高さが違うと、思った配置にならない時が結構ある。
そんな時に使うCSSのご紹介です。
高さの違うコンテンツに下の「vertical-align」を指定すれば上揃えや下揃えや中央揃えができる。
ボタンで「vertical-align」有りと無しを切り替えられるので、良かったらポチポチしてみてください。

  .demo1 {
    vertical-align: top;
  }

DEMO

vertical-align無しにする
SNSフォローボタン
エンデ・バタローをフォローする
CSSサイト制作

東京に住み始めて4年目。

前は神戸に。その前は名古屋に住んでいました。

ある年の冬、車で島根県へ旅行に出かけました。
同県の山中にある寒村をゆるゆると走っていると地面が凍結しており
車ごと川に滑り落ちそうになった経験を持つ30才(男)です。

フロントエンドを始めて4年目になります。
エディタはAtomを利用して、日々の業務でイラレとフォトショ、HTMLとCSSとjavascriptとphpを使用してます。
仕事をしていて、検索する手間を省くためフロント技術ブログを書いています。

エンデ・バタローをフォローする
シェアする
スポンサーリンク
初めてのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました