CSSで太字~細字の調整方法

CSS
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

なんとな~くだけど、タイトルは見やすく「太字」。テキストは読みやすく「細字」。
みたいにある日本語のウェブサイトの文字ルール。そんなルールも扱えなくちゃ従えないじゃない。
基本を押さえるために、学習は大事。

文字の太さの変更は「font-weight」で命令できる。でもエディタ使ってるとfont-w….あたりで記述できない。
ちゃんと覚えてってなるけどエディタ様(Atom)のおかげで覚える手間も省けていいね。

そのfont-w…なんだけど指定方法が2つあって、「normal 、bold、lighter、bolder」ってなんとなく、太く、細く、相対的に細く太くとかを指定する方法と「100~900」と数値でビシッと指定する方法。

どちらでもいいけど、数値で指定する方法は対応してるフォントがウェブフォントくらいだからウェブフォントを使う時は細かく数値で、それ以外はなんとなくの方でOKな感じ。

前置きが長くなっちゃって申し訳ない。
では、指定方法はこちらです!

// 大体このどちらかの指定でOKです。相対的にとか気にしなくて(覚えなくて)も大丈夫
font-weight: normal;
font-weight: bold;
// 数値を指定する場合
font-weight: 300;(100~500までがnormalの太さ)
font-weight: 600;(600~900までがboldの太さ)
SNSフォローボタン
エンデ・バタローをフォローする
CSSサイト制作

東京に住み始めて4年目。

前は神戸に。その前は名古屋に住んでいました。

ある年の冬、車で島根県へ旅行に出かけました。
同県の山中にある寒村をゆるゆると走っていると地面が凍結しており
車ごと川に滑り落ちそうになった経験を持つ30才(男)です。

フロントエンドを始めて4年目になります。
エディタはAtomを利用して、日々の業務でイラレとフォトショ、HTMLとCSSとjavascriptとphpを使用してます。
仕事をしていて、検索する手間を省くためフロント技術ブログを書いています。

エンデ・バタローをフォローする
シェアする
スポンサーリンク
初めてのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました