【CSS】ボヤけた画像をパキッとさせる方法

CSS
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

書き出したサイズより小さく表示してるのに、なぜか画像がボヤける。
そんなボヤけた画像をCSSで即解決する方法をお教えします!
CSSのテンプレートに追加しとくと今後検索しなくて済む。

img {
  -ms-interpolation-mode: nearest-neighbor;
  image-rendering: -webkit-optimize-contrast;
  image-rendering: -moz-crisp-edges;
  image-rendering: -o-crisp-edges;   
  image-rendering: pixelated;  
}

↑のCSSで、パキッとした画像を全ブラウザで表示可能だ!
実際に下のデモで画像を見比べてみよう!

デモ

  • ボヤけた画像
  • パキっとした画像

デモの画像は、僕ががんばってさっき書いた画像です!
このデモで、ボヤけた画像とパキっとした画像が目で見て分かりや。。。。。
分かりづら。。。。
画像を「300×300」で書き出してるから、PC表示だとパキっとしてる画像は逆にギザギザが目立って汚い。。。
よくわからないデモになっちゃった!
ちょっとデモが分かりづらいので、あなたがコーディングしてる画像で試してみてね!

SNSフォローボタン
エンデ・バタローをフォローする
CSSサイト制作

東京に住み始めて4年目。

前は神戸に。その前は名古屋に住んでいました。

ある年の冬、車で島根県へ旅行に出かけました。
同県の山中にある寒村をゆるゆると走っていると地面が凍結しており
車ごと川に滑り落ちそうになった経験を持つ30才(男)です。

フロントエンドを始めて4年目になります。
エディタはAtomを利用して、日々の業務でイラレとフォトショ、HTMLとCSSとjavascriptとphpを使用してます。
仕事をしていて、検索する手間を省くためフロント技術ブログを書いています。

エンデ・バタローをフォローする
シェアする
スポンサーリンク
初めてのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました